エンタメ

『ガイア幻想紀』が自分を旅行好きにしたのかもしれない。

レトロゲームにハマってしまっているYUSUKE SENSEIです。

久しぶりに今日遊んだのは『ガイア幻想紀』です。

北天の大星座である白鳥座の方角にある彗星の光は、古来から生命体の進化を促進させていた。古の時代にはこれを応用して、動物や魔物といった生物を創造した。だが、その魔物により世界は壊滅寸前にまで陥ることとなる。人類は「光と闇の戦士」を生み出すことにより、魔物を撃滅することに成功した。それから幾年もの月日が流れた。主人公テムは、1年前、父親が隊長を務める探検隊と共に「バベルの塔」へ探検し、遭難した中で唯一の生還者である。彼は、手を触れることなく物を動かしたり、他の人間には見えない物を見る力があったが、祖父母と平凡な毎日を送っていた。そんなある日、主人公のいる町(サウスケープ)の付近にあるエドワード城の王女カレンが城を抜け出し、行方不明になった。彼女は主人公の家に身を隠していたのだが、結局、兵士に連れ戻される。次の朝、エドワード城エドワード国王からテムのもとに「水しょうの指輪を持参するように」という内容の手紙が届く。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ガイア幻想紀

「ナスカの地上絵」「アンコールワット」「万里の長城」「ピラミッド」など実在する遺跡が舞台になっているのです。

ピラミッドは2年前に旅行に行ったなぁと感慨深くなってしまいました。

また楽しく旅行ができる平和な世の中が早く訪れますように。