学校教育

国際理解教育に興味関心のある先生、JICAの『教師海外派遣』をご存知ですか?

私は国際理解教育に携わってきたので、JICAのワークショップに参加したことがあるのですが、みなさんは『教師海外研修』についてご存知でしょうか?

開発教育・国際理解教育に取り組まれる教師の皆様が、実際に開発途上国を訪問することにより、開発途上国が置かれている現状や国際協力の現場、開発途上国と日本との関係に対する理解を深めて頂き、帰国後は訪問によって得た成果を活用し、学校現場での授業実践等を通じて、次代を担う児童・生徒の教育に役立てて頂くことを目的として実施しています。また、本研修修了後も、教育現場で開発教育・国際理解教育に取り組む中核人材として活躍いただくこともねらいとしています。現地での学びを授業に生かすため、海外研修の他に訪問前の事前研修・訪問後の事後研修に加え、2月の実践報告フォーラムで一般の方々に向けて授業の実践報告にご参加いただき、1年間を通じた深い学びを目指しています。

https://www.jica.go.jp/chubu/enterprise/kaihatsu/kaigaikenshu/

それぞれの支部によって派遣先は異なります。

例えば、JICA中部は2020年度の派遣先はモザンビークです。

15日間の研修が予定されています。

青年海外協力隊の現職教員特別参加制度は約2年なので負担も少ないですね。

ちなみに教職に就いているうちに両方とも参加することも可能です。

ただし、その際は順番が大切で、青年海外協力隊参加者は教師海外派遣に参加できません。

まずは教師海外派遣の参加を考えてみてはいかがでしょうか。

私は日本語教師に転職するため、残念ながら参加することができませんが、公立教師を続けていたらぜひ行きたかったです…。