情報

カタカナ語は英語の勉強になるのだろうか

政治家やビジネスマンが難しいことを難しい言葉で話しているのをテレビでよく見かけますが、これらの用語は英語学習に有効なのでしょうか。

カタカナ語やビジネス用語は新鮮でクリエイティブな印象をもたらすかもしれませんが、万人が分かるわけではないので扱いが難しいところだと思います。

先日、職場で自分も「ストラテジー」(戦略)という言葉を使ったら上司にキョトンとされました。

しかし、このようなカタカナ語・ビジネス用語は英単語のインプットは、記憶ストラテジーとして個人的には効果があると思います。

例えば「アジェンダ」

「議題」という意味でよく使わります。

「会議のアジェンダに目を通す」などのように使えます。