情報

意味が分かると怖い英語

日本人が間違った英語を使ってしまうこと、よくありますよね。

”English”ではなく、”Engrish”という言葉を聞いたことはありますか?

Engrish とは、日本語を始めとしたいくつかの言語において L/R流音)の区別が無いことにかけたシャレである(英語= English の“l”を“r”としている)。日本語に限定した場合、Engrish は英語圏の人にとっては、おおむねユーモラスな誤用だと受け止められている。また、Engrish は、例えば外国風な装飾として用いるなど、広告の中で用いられる、英単語の故意に誤った、または不注意な使い方を指すこともある。

https://ja.wikipedia.org/wiki/Engrish

例えば、私たちは英語のプリントがされたシャツを着ることがありますが、その英語が間違っていることは少なくありません。

または、正しい英語であっても、ネイティブにとってはおもしろい表現としてとらえられるものも多いです。

私なりに定義するなら、Engrishとは「意味が分かると怖い英語」です。

身の回りの商品名にもおもしろいものがあります。

ポカリスエット

ポカリスエットの名前の由来をご存じでしょうか。

ポカリスエットの公式サイトでは以下のように紹介されていました。

“ポカリ”という言葉には特別な意味はありません。
さわやかで、あかるく青空を彷彿とさせる音の響きと語呂の良さから考えられた造語です。
“スエット”は英語で“汗”のことです。水分補給の大切さを訴えるために、私たちの身体から目に見えて失われる“汗(スエット)”をネーミングの一部に採用しました。

https://pocarisweat.jp/products/faq/

ポカリを人名と考えて、「ポカリさんの汗だって、うぇ~」というリアクションをするネイティブもいるようです。

Engrishのサイト

おすすめのEngrishのサイトは『Engrish.com』(http://www.engrish.com/)です。

看板や標識、商品説明などのEngrishのサイトです。

何がおかしいか見つけるのも勉強になるかも。