エンタメ

ハリーポッターで英語を学ぼう

英語のペーパーバックを読む機会を増やしているのですが、先日、『Harry Potter and the Philosopher’s Stone』(ハリーポッターと賢者の石)を読みました。

「ハリポタの世界独特の言語があるので読解しにくい」という意見を聞くことがありますが、個人的には英語だけでなく、そのような言語も含めてハリポタの世界を楽しめればよいのではないかと思います。

ハリポタは英語学習に効果的であるという印象を持ちました。

ストーリーを知っているから分かりやすい

ハリポタの本を読んだことがないけど、映画を観たことはあるという人は多いのではないでしょうか。

私もそのタイプでした。

映画でストーリーを知っていると、分からないところ言葉があっても推測などで読み進めることができるので、読解の負担が減ります。

多読につなげやすい

ハリポタはシリーズ作品なので、すべて読むとかなりの読書量になります。

その読書量は自信になりますし、速読にもつながります。

私自身の経験ですが、ペーパーバックを読むことで読解スピードが上がり、TOEICでのタイムマネジメントも向上しました。

映画やYouTube動画で理解を深める

https://youtu.be/JQYOo1PEzvE

『Learn English With Harry Potter』という動画のシリーズをYouTubeで見つけました。

解説が丁寧にされているので勉強になります。

ペーパーバックを読み終わったら、映画やYouTube動画を観てでリスニングの練習をしてもよいかもしれませんね。