TOEIC SW

TOEIC Speaking Test ハイスコアをめざす

3日後の11月3日(日)にTOEIC Speaking Testを受験します。

10月6日(日)に受験したS&WはWriting Testが190だった一方で、Speaking Testは140という悔やまれる結果でした。

しっかりと反省して当日を迎えたいです。

「写真描写問題」で気を付けたいこと

前回の試験では「カボチャ畑で収穫をしている写真」が出題されました。

人の動作の描写に集中し過ぎて、普段しないようなうっかりミスをしてしまいました。

それは代名詞の誤用です。

あきらかに写真が女性なのに”he”や”himを使ってしまいました。

次回は代名詞、気を付けたいです。

また、推測して話す部分があるとよいと関連書籍で紹介されていたので、私は天気のことについて話しました。しかし、天気よりも季節のことを話すべきでした。「カボチャがたくさんあるから秋だと思う」など、シンプルで分かりやすかったです。

推測して季節について話せないかも考えたいです。

「解決策を提案する問題」ではパソコン画面にヒントあり

テスト後に問題集を解き直して気付いたことがあります。

それは、「解決策を提案する問題」ではパソコン画面にヒントがあるということです。

この問題では、自分の立場や役職についても述べるとよいとされていますが、その情報が画面上にあるのです。

例えば、”Resopond as if you are the office manager.”とあれば、”This is Yusuke, the office manager.”と言うことができます。

テンプレに当てはめれば、導入部分はだいぶラクになります。

テスト当日までに

TOEIC L&R対策と同じように、模試に取り組んで、しっかり弱点補強をしたいと思います。

TOEIC Speaking Testの私の目標は160以上です。

よい報告ができるように頑張ります。